スポンサーリンク

【宮崎初出店】WORKMANプラス加納店の作業服は格好よすぎで安い

暮らしの中で

清武のハンズマン通りにあります。

人気店の宮崎市初オープンとあって、開店10日過ぎても、駐車場は満車状態でした。

#WORKMAN女子という流行語も生んだように、店内には女性の方もけっこう見かけました。
女性限定の商品は、豊富というわけではありませんが、2陳列ぐらいは有る感じです。

最近は、作業服の世界も男女共用が流行っていますから、その目線で見れば、けっこうなしな揃えだと感じました。

営業時間が午前7時からは嬉しいですね。
仕事前に切らしていた手袋や五本指の靴下を買うことができます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2000円以内でも作業服作業ズボン 格好いい

 

見た目のデザインもそれなりに格好よくて、手にとって見るとゴワゴワ感もなく、これから夏に向かって着るにはむいていそう。

純粋に作業服、作業ズボン類をのぞけば、普段着にも十分通用するようなカジュアルなものばかりです。

格式ばらず、家の内外でくつろぐには最適。
気軽に外出するにも、この「カジュアルな装い」 が似合いそうです。

伸縮性、防水性もあって、軽いとあれば言うことなしですね。

とにかく、どの商品の値札を見ても、割安感があるのがいい。

作業靴類の種類もいろいろ揃っていました。
普段履きとしても、いい感じのものもあったりして、つい欲しくなります。

ワークマン加納店オーナーの前職

聞いた情報では、ワークマンの加納店のオーナーは、30名近い応募者の中から、数回の面接を経て、決まったそうです。
前職は左官業だとか。

新築住宅建設の低迷で仕事の量が減ったり、職人の高齢化で、将来の見通しは先細り状態。
きたない、きつい、危険の業界に、若者は定着しない。

小売業への転職には、それなりの決断があったのでしょうが、30名近い応募者の中から、前職とは180度ちがった業界に採用されたということは、それだけの人格を見いだされた証拠ですね。

まとめ

宮﨑市初のWORKMAN
午前7時オープン
女性専用のコーナーも
カジュアルな装いに最適

これまでダサいと見られていた作業服姿が、ワークマンを着ることで、少しはあか抜けた作業着姿に変身できそうです。

味噌ぎ家ラーメン本郷店オープンにあわせて食べてきました
待ち望んでいた味噌ぎ家 本郷店がオープンしました(2021年4月26日)場所は2月まで営業していたカネキ製麺のうどん店があった場所です。うどん店のあたとにラーメン屋さんがやって来た感じ。次の日のお昼時間帯に行っ...

ワークマンは今後も成長できるのか 作業服店で培ったノウハウが通用しない局面へ (msn.com)

タイトルとURLをコピーしました