スポンサーリンク

【宮崎のうどん屋さん】横綱白鵬も立ち寄った きっちょううどん清武店

暮らしの中で

昼飯代を500円玉以内ときめているので、うどんにする昼めしが多いですね。

ありがたいことに、自分が仕事をしている範囲には、東西南北5キロ以内にうどん屋さんがあるので、つい、うどん屋さん目指して、ハンドルを切ってしまいます。

昼飯代の目安  500円以内
安い  美味しい
出来上がるまでの時間が短い

とくに、安さと美味しさは外せません。

この二つがそろっていれば、残りの出来上がるまでの時間が短いはは、グッと我慢します。

昼時間になると、人気のうどん屋さんはどこも行列ができることが多いので、多少の時間待ちは、グッと待ちます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

きっちょううどん清武店の店内

 

入り口の引き戸をガラリと開けて店内に飛び込むと、いきなりミニギャラリー 。

左の壁一面に張られている各種のパネルに目がいきます。

目に飛び込んでくるのは笑門来福・商い繁盛の大イラスト

江戸時代の人物の動きが軽妙で思わず見とれてしまいます。商売繁盛

 
 

横綱白鵬の写真

無添加宣言の額縁。 無添加きっちょううどん清武

 

横綱白鵬関が見つめています。

注文カウンター直前の壁には大相撲・横綱白鵬関のポートレート写真が飾られています。
横綱白鵬関の行動範囲の広さがしのばれます。来店記念写真
 
 
玄関からのミニギャラリー鑑賞 白鵬の来店記念写真も見終わって、ようやくうどん注文!

写真付きの豪華メニュー

 

店内で食べる注文は手前になります。

カウンター奥はお持ち帰り注文専用です。

お茶・水・台拭き・つまようじと丁寧に仕分けしてあるところに優しさが感じられます。

客席

テーブルは一列に7個×2列・畳敷きの座席が7個。

テーブルに置かれているのは箸立てと薬味とシンプルです。

注文した並うどんの量はたっぷりでした。
ネギは普通でこの量。

「ネギ多めに」注文カウンタで一言言えば、片手にぐっとつかんで追加してもらえます。

要望した以上は残さずに食べきるのがマナー。

 

並うどん ¥280

麵も素直なのどごし。

誰にでも受け入れられそうな癖のないダシです。

麵とのからまり具合も素直でするすると喉におさまります。

280円の並うどんとしては量も多く食べ終わった後の満腹感に満足します。

うどんはススルと音をたてて食べるのが粋な食べ方かな

うどんの食べ方のこだわり

 

宮﨑のうどんは平均的にやわらか目なので、噛まないで、スルスルとのどの奥に箸の先で押しこんでいく感じですね。

喉ごしを味わうのも、うどんならではの美味しさです。

女性の方もうどんを食べるときぐらいは、音なしの食べ方ではなく、スルスルと少しは音をたてながら食べたほうが、粋な感じがします。

店内の奥に大型テレビモニター
ほかの店にもありそうでないですね。
こんな大型テレビは

 

喫煙室は奥の出入り口の外に一室あります。

喫煙所を独立して、別の部屋に設けているうどん屋さんは珍しい。

 

まとめ

 
道案内です。

清武役場前の道路を東に向かいます。
清武川に架かる橋を渡りおよそ500~600メートルです。
この道をさらに東に進むと南パイパスに到着します。

【宮崎のうどん屋さん】八十年間うどん一筋の老舗おくのうどん
宮﨑のうどん屋さんで外してならないのが、宮崎市南部にある老舗のうどん屋さん「おくのうどん」です。 味に定評があり、多くのお客さんが常連客です。 昼時にもなると、多くのお客さんがサラメシとして、レジの前に行列をつくります。 おくのうどん...
タイトルとURLをコピーしました