ブログ小説の書き方【おすすめの七の要点】

 

ブログ小説の書き方のノウハウはネットでもいろいろありますが、実際に自作を発表して実例にしていることはすくないようです。

 

実際に自分が書いていて、この様な点に気をつけて書けば、作品の質のレベルが少しでも向上するかな感じたことを書いてみました。

 

おすすめの七の要点です。

 

ブログ小説を書くときの七の要点

 

 

1話2500字前後を目安にする

自分は一編の短編小説を6~7話で終わるようにしています。

 

1話2500字前後を目安にしています。

小説ブログ書き方実例【砂の穴第2話 お染】をふくめ、ブログに投稿する短編小説は、400字原稿用紙40枚前後です。文字数16000字ぐらい。

 

1話に換算するとおよそ2500字前後になります。

 

この文字数を大まかに区切りのいいところで6等分します。

一編の文字数があまり多くなると、読者のすき間時間を余計に奪ってしまうという配慮からです。

 

ブログ小説を書くには添削、推敲が一番

どんな文章を書いても添削、推敲は必要です。

 

ブログ小説を書くにあたって、直接、投稿画面には書きません。

 

ワープロソフト「一太郎」で添削、推敲をくり返しながららブログの投稿画面にペーストします。

添削、推敲にかける時間は大体1時間~2時間程度です。

 

根を詰めてするのではなくて、途中に雑用をはさんだり、食事をしたり、TVを見たりしながら、添削、推敲にとり組むというくり返しです。

そのほうが脱字や誤字、一字あまり、一字不足に気づきやすいと自分では考えています。

くり返し添削、推敲をしていても、あとで読みかえしてみると、間違いが見つかります。

 

改行にも気をつけよう

ブログ投稿画面でブログ小説を書いているときに気をつけたいのは、改行の問題です。

 

つい、流れに乗って書き進めたくなるものですが、数行ごとに二三行のカラ行をいれることをおすすめします。

書き終わってすぐに公開する分にはなにも気づきません。

 

公開したURLをGoogleサーチコンソールで調べてみると、問題点を指摘されることがあります。

その大部分はモバイルフレンドリーではありませんとの指摘です。

行を詰めすぎていると、指摘されるようです。

 

作品のストックは多い方が楽

ブログ小説をブログに発表する前には、ストックとしていくらかの作品を書き貯めておく必要があります。

 

ストック作品は多ければ多いほどいいですね

 

いきなりブログ小説を書いても途中で挫折します。

自分は20編以上の作品を書いてハードデスクに保存しています。

 

ハードデスクだけでは不安なので、ジャストシステムのインターネットデスクにも保存しています。
自分が保存しはじめたころは無料でしたが、現在は有料になっているようです。

 

ブログ小説とアイキャッチ画像

アイキャッチはブログの内容をイメージさせる役割があります。

 

自分はブログ小説の主題とタイトルだけで構成しています。

Photoshopで背景色を選びそこに主題とタイトル文字を書きれています。

 

ブログ小説書き方実例編 タイトル砂の穴 という具合です

 

主題とタイトル文字だけではチョットしまりが足りない気もしますので、万年筆だとかキーボード、メガネなどの添景をいれています。

 

Photoshopではなくて、無料の画像編集ソフトもいろいろありますので試してみてください。

アイキャッチを記事に表示したくない時にはCocoonテーマの場合には、Cocoon→画像→本文上にアイキャッチを表示します。の☑をはずしてください。

 

下書き保存が命

ブログを書いているときに一番大切なことは、たえず下書き保存をくりかえすことです。

 

苦労して一字一行書き進んでいっても、何かの拍子に一瞬のうちに削除してしまうことがあります。
そんな経験が何度もあるので、下書き保存の大切さが身にしみています。

 

苦労して書き進めた文章があっという間に消えてしまう悔しさはたまりません。

1小節ごとに下書き保存をくりかえしておれば、いざというときに泣きを見ないですみます。

 

パーマネントリンク

ブログを投稿するのであればパーマネントリンクは必ず設定する必要があります。

 

よく投稿のはじめの文字だとか数字が使われていますが、それらは基本的にNGです。

https://otibohiroi.com/この部分です。

 

パーマリンクは常に英語で入力するようにしましょう。

 

自分はパーマネントリングに記事タイトルを英語でいれています。

英語音痴なので、Google英語翻訳のアプリで翻訳していれています。
https://translate.google.co.jp/

 

小説ブログ【発見 砂の穴第1話 墓地改葬】
小説ブログの書き方実例編 【砂の穴第1話 墓地改葬】をよんで、自分ならこう書くとイメージしてみてください。 自分は1話2000字前後を目安にして、一編の短編小説を6話程度で終わるようにしています。 短編小説の書き方の...

 

タイトルとURLをコピーしました