写真撮影 現像 編集の始め方【人物表現はモノクロ写真が似合う】

写真撮影 現像 編集の始め方【人物表現はモノクロ写真が似合う】
人物表現にはモノクロ写真が似合う。
もちろん、カラーで撮影しても、ぜんぜん大丈夫
カラーで撮影するのが一般的だから
カメラ側の設定がカラーになっていてもOK

人物表現はモノクロ写真が似合う

スナップ、人物撮影カラー写真は表面の華さが強調されます。写真に写し出された素顔の表情を見失いがちになるもの。モノクロ写真は、色がそぎ落とされているぶん、人物の内面の気持ちを素直に感じやすくなります。
元の撮影をカラー写真で撮って、あとで現像、編集ソフトでモノクロ写真に変換した時に、そのことがはっきりとわかります。
はじめてのPhotoshop Lightroom5 デジカメRAW現像

普段のカメラ設定はカラーにしていても、帰宅してLightroomで開いてみたときに、このショットはモノクロに現像しようということがたびたびあります。

カラー撮影後にモノクロ写真に変換しよう

スナップ写真をモノクロ写真で表現したいから、カラーで撮影した写真でも、あとで現像、編集ソフトを使ってモノクロにしても問題はありません。
カメラを持ち歩いていると、時々、この被写体はモノクロで撮りたいなと思うことがあっても、困るのはそのときにはカメラ設定をカラーにしていること。

撮影現場で設定をいじるのは絞り、シャッター速度、露出だけにしよう

撮影現場でモノクロに設定し直すのはけっこう手間ひまのかかる。もたもたしているうちに、シャッターチャンスを取り逃がすこともあるだろうし、興味がうせてしまうことだってあるはず。
いいと思ったら、一瞬のうちに構図をきめ絞りやシャッター速度、露出を表示する。もちろんファインダーをのぞきこみながら、これまで経験したイメージを信じ、同時にシャッタボタンに手をかけます。モノクロで撮るか、カラーで撮はなんて気にはしていられません。それら一連の作業は間をおかずにすすんでいきます。

カラーかモノクロかは帰宅後にゆっくりと

たとえば、枯れた紫陽花、ヒマワリなどは、カラー写真で撮るよりも、あとでPCのモニターやスマホの画面で見たときに、カラー写真よりモノクロで写した写真のほうがしっくりと脳のなかで気がつけば、その時に変換してみて、確認しましょう。

この記事の信頼性

記事の信頼性
みやざきの文学賞 一席・二席・三席。佳作七年連続入選。文学同人誌「竜舌蘭」元同人。 ブログ 発信中 — 松本伸男 (@rs111nzshe4fkGf) September 26, 2021 #写真と孤独記事の信頼性...

はじめてのPhotoshop Lightroom5 デジカメRAW現像

コメント

タイトルとURLをコピーしました