スポンサーリンク

小戸之橋が「おどのはし」と名称変更して2021年4月3日に開通

暮らしの中で

小戸之橋は大淀川左岸の永楽町と右岸の城ケ崎3丁目を結ぶ橋です。

旧橋は老朽化が進み、「10トン以上の車両は通行不可」「最大瞬間風速30メートルを超える強風時には通行不可」といった規制が、年になんかいかありました。

旧小戸之橋とあたらしくなった「おどのはし」を、写真で見くらべてください。

とくに、橋脚と、歩道のちがいは圧巻です。

 

2013年11月から工事

 

小戸之橋プレート

小戸之橋プレート

小戸之橋歩道

小戸之橋歩道

小戸之(おどの)橋からおどのはし

 

新橋は旧橋同様に片側1車線で、全長506メートルです。

幅は旧橋の2倍の16メートルで、それぞれの車線は4・5メートルです。

歩道と車道

歩道と車道

自転車と歩行者

自転車と歩行者

歩道には片側二ヶ所に、ベンチが設置されています。

散歩の途中で、一休みするのにもってこいです。

ベンチ

ベンチ

大淀川沿いのマンション街

 

大淀川

大淀川

散歩中の橋の上からは、視界をさえぎるものはなく、東の方は、宮﨑大橋の向こうに、大淀川河口が口をひらき、さらにとおくには、日向灘と視界いっぱいの大空がひろがっています。

西には、建ちならぶ高層ビル群の影が、大淀川の川面に、静かにゆらいでいます。

大淀川遠景

大淀川遠景

歩道と自転車道があざやか

 

あたらしい歩道は、両側に各3・5メートル幅で設置されるので、対面での通行はへりそうです。

旧橋は歩道が片側にしかなかったので、朝の登校時間帯には、女子高校生たちや通勤者の自転車で混みあっている風景がよくみられました。

新しい歩道

新しい歩道

旧歩道

旧歩道

2013年11月に撮影

旧小戸之橋

旧小戸之橋

JR日豊線 大淀川鉄橋

大淀川鉄橋

大淀川鉄橋

河川敷風景

 

新橋桁

新橋桁

新橋桁2

新橋桁2

河川敷

河川敷

スリムになった橋脚

 

新小戸之橋風景

新小戸之橋風景

大雨による増水時に、川の水をせき止める要因となった橋脚も14本から6本に減っています。

旧小戸之橋

旧小戸之橋

旧小戸之橋2

旧小戸之橋2

大淀川鉄橋と架けかえ工事中のおどのはし

 

延岡行きの普通列車

新小戸之橋工事風景

新小戸之橋工事風景

特急きりしま

新小戸之橋工事風景2

新小戸之橋工事風景2

まとめ

 

工事着工からおよそ8年、橋は完成しました。

橋の名前も、小戸之橋から「おどのはし」になりました。

旧橋は、歩道部分が片側にしかなく、自転車通行が不便でした。

また、橋の構造的な弱さがあって、10トン車以上は通行止めであったり、
風速30メートルをこすと、全面通行止めになっていました。

「おどのはし」は、最新設計でつくられていて、大型車も風速30メートル越えでも、通行止めになることはありません。

タイトルとURLをコピーしました