短編小説

短編小説

ブログ小説【愛の飛行機雲第5話 精子間闘争】 

第5話 精子間闘争あらすじ 一宮とし子は男達からトンボの交尾の話しを聞いて戸惑う。トンボの交尾の習性として先の交尾した精子を書き出すという。とし子はジェット戦闘機のパイロットに緊急事態が発生していることを知る。 精子間闘...
短編小説

ブログ小説【愛の飛行機雲第4話 イマムカシヤンマの乱舞】

第4話 イマムカシヤンマの乱舞のあらすじ 一宮とし子は若者とジェット戦闘機のパイロットから頼まれたイマムカシヤンマの挿絵が思うようにすすまない。次ぎに高鍋湿原をおとずれたとき、とし子はイマムカシヤンマの群舞を目にした。 ...
短編小説

ブログ小説【愛の飛行機雲第3話 高鍋湿原】

第3話 高鍋湿原あらすじ 高鍋湿原にイマムカシヤンマという新種のトンボが見つかった。 見つけたのは山本和行という南九州大学の学生と新田原基地のジェット戦闘機のパイロ二人。 とし子は二人から、トンボ学会報告書の挿絵を頼まれた。 ...
短編小説

ブログ小説【愛の飛行機雲第2話 トンボの楽園】

愛の飛行機雲第2話 トンボ楽園あらすじ とし子は若者が南九大生でトンバ学会を主宰しているというが、とし子には興味ない話しだった。 興味ないままに別れたが、日がたつにつて若者が気になってきた。 愛の飛行機雲 ト...
短編小説

ブログ小説【愛の飛行機雲 第1話 桜をスケッチ】

飛行機雲 第1話 桜をスケッチ 第1話桜をスケッチ あらすじ とし子はすこし時期遅れの桜のスケッチをするために高鍋城址公園に出かけた。 夫は遠洋航海中で留守。運転しながら今度夫tが帰ってきたら、子づくりに励もうと考え...
短編小説

ブログ小説の書き方【おすすめの七の要点】

ブログ小説の書き方のノウハウはネットでもいろいろありますが、実際に自作を発表して実例にしていることはすくないようです。 実際に自分が書いていて、この様な点に気をつけて書けば、作品の質のレベルが少しでも向上するかな感じた...
短編小説

ブログ小説【発見 砂の穴第8話 砂の穴】

パーマネントリンク ブログを投稿するのであればパーマネントリンクか必ず設定する必要があります。 よく投稿のはじめの文字だとか数字が使われていますが、それらは基本的にNGです。 この部分がパーマネントリング パーマリンクは...
短編小説

ブログ小説【発見 砂の穴第7話 通学路】 

ブログを書いているときに一番大切なことは、たえず下書き保存をくりかえすことです。 苦労して一字一行書き進んでいっても、何かの拍子に一瞬のうちに削除してしまうことがあります。 そんな経験が何度もあるので、下書き保存の大切さが身にしみていま...
短編小説

ブログ小説【発見 砂の穴第6話 娘の訪問】

ブログ小説とアイキャッチ画像 アイキャッチ画像はブログの内容をイメージさせる役割があります。 自分はブログ小説の主題とタイトルだけで構成しています。 Photoshopで背景色を選びそこに主題とタイトル文字を書きれています...
短編小説

ブログ小説【発見 砂の穴第5編 ネズミ捕獲器】

ブログ投稿画面でブログ小説を書いているときに気をつけたいのは、改行の問題です。つい、流れに乗って書き進めたくなるものですが、数行ごとに二三行のカラ行をいれることをおすすめします。 書き終わってすぐに公開する分にはなにも気づきません。公開し...
短編小説

ブログ小説【発見 砂の穴第4話 お染と若い女性】

ブログ小説を発表する前には、ストックとしていくらかの作品を書き貯めておく必要があります。 いきなりブログ小説を書いても途中で挫折します。 自分は20編以上の作品を書いてハードデスクに保存しています。 ハードデスクだけでは不安なので、ジ...
短編小説

ブログ小説【発見 砂の穴第3話 柳の木の下】

ブログ小説を書くにあたって、直接、投稿画面には書きません。 ワープロソフト「一太郎」で添削、推敲をしてからブログの投稿画面にペーストします。 添削、推敲にかける時間は大体1時間~2時間程度です。 根を詰めてするのではなくて、途中に雑用...
短編小説

小説ブログ【発見 砂の穴第2話 お染】

小説ブログ書き方実例【砂の穴第2話 お染】をふくめ、ブログに投稿する短編小説は、400字原稿用紙40枚前後です。 文字数16000字ぐらい。この文字数を大まかに区切りのいいところで6等分します。 一編の文字数があまり多くなると、読者...
短編小説

小説ブログ【発見 砂の穴第1話 墓地改葬】

小説ブログの書き方実例編 【砂の穴第1話 墓地改葬】をよんで、自分ならこう書くとイメージしてみてください。 自分は1話2000字前後を目安にして、一編の短編小説を6話程度で終わるようにしています。 短編小説の書き方の...
短編小説

小説ブログ【愛しのメールアドレス第6話 ごめんね】

小説ブログの書き方実例編【いとしのメールアドレス第6話ごめんね】をよんで、自分ならこう書くとイメージしてみてください。 自分は1話2000字前後を目安にして、一編の短編小説を6話で終わるようにしています。 短編小説の...
タイトルとURLをコピーしました